« BORN TO RUN | トップページ | タカの渡り »

レンズ沼の更に奥に・・・

室内自然光で撮影できるような、明るいレンズが欲しくなり、更にレンズ沼の奥に進んでしまいました・・・。
そこで見つけて、ゲットしたのは Carl Zeiss Planar 1.4/85 ZE 。
私の様な腕前には、恐れ多いレンズですが、うわさ通り魔物が住んでいるようなレンズです。
清水公園での撮影画像をアップします。
3t8a0046_r3t8a0063_r3t8a0077_r3t8a0089_r3t8a0126_r3t8a0048_r3t8a0044_r













|

« BORN TO RUN | トップページ | タカの渡り »

コメント

tatsuo1さん、こんばんは
わぁ、これがこの前にお買いになったCarl Zeissのレンズですか。
鳥肌が立つような表現力ですね。
それにしても、こんなレンズを買ったら、レンズ沼から生還は絶対に不可能ですね(笑)
私はこれ以上深みにはまらないように注意いたします。
それでは、また野鳥のシーズンにご一緒しましょう!

投稿: 東葛人 | 2012年9月17日 (月) 22:34

東葛人さん
おはようございます。
お褒め頂き、恐縮です。
空気まで写すレンズ・・・の意味が分かりました。
もうレンズ沼から、脱出することは諦め、更に奥へと進んでみようと思います(笑)
是非ご一緒に!!
また撮影会にご一緒させてください。

投稿: tatsuo1 | 2012年9月18日 (火) 06:05

tatsuo1さん、こんばんは!

僕はレンズ沼の深さはわからないのですが、、
入ってはいけないという事だけ勉強させて頂きます(笑)

光というのか、色というのか、、すべてが綺麗ですね

最後の写真なんて、綺麗に奥行きが表現されすぎて、
エイリアン出てきそうです。
ちょっと気持ちが悪いです(笑)

これオチでした??

投稿: ワンチャン | 2012年9月18日 (火) 23:03

お久しぶりです。
素晴らしい写真ですねぇ。
最近プロのフォトグラファーとの交流もあって、写真の世界も勉強させてもらっていますよ。
彼らが言うには、「絵のような写真を撮りたい」ということでした。
tatsuoさんの写真には絵心を感じます。

投稿: 棚倉 樽 | 2012年9月19日 (水) 00:06

>ワンチャンさん
レンズ沼は、本当に奥深く嵌りがいがあります(笑)しかし近づかない方が、良いと思いますよ~
画像はレンズに寄るところ大です。
最後の画像は、ちょっと面白い感じでしょう?エイリアンの卵とは言い得てますね。

投稿: tatsuo1 | 2012年9月19日 (水) 22:18

>棚倉樽さん
ご無沙汰しております。
お褒め頂きありがとうございます。
絵心も感じて頂き、恐悦至極です。
単に綺麗な画像ではなく「時間の流れを感じさせる」「ストーリーを感じさせてくれる」「その時の感情を感じさせてくれる」ような画像を撮れたれと思います。

投稿: tatsuo1 | 2012年9月19日 (水) 22:27

ども♪。
写真に感情やストーリーを反映させてこそ、良い作品になると思います。それを踏まえてジックリとシャッターを押されたのが伝わってきました。

前の記事のジャージ、デザインは不肖棚倉でした。なんだか大昔のことのような…。皆さんが今でも着用されていることを嬉しく思います。

投稿: 棚倉 樽 | 2012年9月20日 (木) 00:25

>棚倉樽さん
樽さんの絵もストーリーを感じさせる絵が多く、いつも感心させられます。
「Born To Run」のジャージは、結構お気に入りです。遠くからでもすぐわかるところがGooですよね。

投稿: tatsuo1 | 2012年9月20日 (木) 17:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149542/55679519

この記事へのトラックバック一覧です: レンズ沼の更に奥に・・・:

« BORN TO RUN | トップページ | タカの渡り »