« CINNAMON2 整備 | トップページ | 朝の関宿城へ »

全粒粉で手打ちうどん

富澤商店に行ったとき、「北海道産ハルユタカ石臼挽全粒粉」を発見。何時もの手打ちうどんに全粒粉をブレンドしたらどうなるか、試してみました。

「讃岐すずらん」400gと「北海道産ハルユタカ石臼挽全粒粉」100gをビニール袋にいれ良く振りまぜ混合する。(全粒粉20%配合)

「粟国の塩」10%塩水を240g①の小麦粉に加水し、ダマダマをゴルフボール大の大きさまでまとめる

③30℃で30分間一次熟成し、厚手のビニール袋にいれ足で踏み鍛える

④30℃で2時間2次熟成し、50cm×50cm大まで麺棒で伸す

⑤3mm幅に包丁で切り、15分間茹で冷水で洗う

Hayuyutaka茹で上がった麺を見ると、薄褐色です。さてお味は、味の幅が広がった感じで群馬の地粉のような風味です。「讃岐すずらん」はかなり精麦して、小麦の中心の味を雑味なく味わえる感じですが、「全粒粉」をブレンドすることで小麦全体の本来の味わいが感じれれるように成った・・・と言うことでしょうか。(木下製粉さんには、怒られそう(^_^;))

今回は20%配合でしたが、もっと多いほうがより豊かな風味を楽しめると思います。次回は40%配合で行って見よう。

|

« CINNAMON2 整備 | トップページ | 朝の関宿城へ »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149542/41169036

この記事へのトラックバック一覧です: 全粒粉で手打ちうどん:

« CINNAMON2 整備 | トップページ | 朝の関宿城へ »