« 流山市総合運動公園 | トップページ | 夏の定番 »

成田でうなぎと飛行機

天気がよくお出かけ日和なので、女房殿と成田方面にお出かけでNarita001 す。成田山新勝寺に着いてすぐ、老舗のうなぎ屋さんで昼食。成田山門どうりにある「近江屋」さんは、間口はせま目ですが土間の奥に下足を預けて上がり込むと細長い座敷があり、レトロな雰囲気。うなぎは泥臭さがまったくなく、箸ですぐ切れるぐらい柔らかく、小さな小骨もまったく感じずとNarita002っても美味。肝吸い・お新香も5種類もついてもてなしの心を感じます。新勝寺にお参りした後は、成田空港そばの航空科学博物館へ。館内の展示を見た後は、屋外のデッキで飛行機の離着陸を暫し見学。また屋外には小型飛行機・ヘリコプターの展示もあります。ここで2重反Narita003転ローター式のヘリコプターを発見。上下のローターを逆回転させることで、ローター回転の反作用を打ち消しすことで、ヘリの弱点のテールローターが無くても安定した飛行が可能です。旧ソ連製のこの珍しい機体、旧ソ連の航空技術の高さを感じます。

|

« 流山市総合運動公園 | トップページ | 夏の定番 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

奥様との粋なデートいいですねぇー。
お天気にも恵まれ、いい連休をお過ごしの様子何よりです。

投稿: kame3usa | 2007年4月30日 (月) 12:39

上下2枚が逆回転。そんでもってシャフトは1本。
上の羽のシャフトを下の羽のシャフトの中を通さないと回らなそうなのに、写真はそうは見えない。
んー、旧ソ連のマジックか。
しかし、ロシアの人口の3割は、天動説を信じているとか。関係ないか。

投稿: Hans | 2007年4月30日 (月) 13:12

>kame3usaさん
女房殿と車で出かけると、女房殿は居眠りします・・。kame3さんは大丈夫?
>Hansさん
このシャフトは2重に成っていて、内側と外側でシャフトは逆回転します。ヘリは基本的にローターの回転数は飛行機ほど高回転せず、あんまり回転数も変えないので、このぐらいのシャフト径でも大丈夫なのだと思います。航空関係の技術では旧ソ連邦の国々は、かなりの技術です。ウクライナ・ブルガリアのグライダーなんか、最高に良いです。

投稿: tatsuo1 | 2007年4月30日 (月) 17:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149542/14893915

この記事へのトラックバック一覧です: 成田でうなぎと飛行機:

« 流山市総合運動公園 | トップページ | 夏の定番 »