« モスキート・モス号 木地完成 | トップページ | ジャージャン麺 »

中国料理の本

Chaina001 この頃、気まぐれで料理することがある。手打ちうどんがら始まったマイブームだが、やりだすと凝ってしまうのは何時ものこと。本屋で面白そうな料理本を探していたら、チョッと変わった中国料理の本を発見しました。北京市生まれのウー・ウェンさんが書いた「北京小麦粉料理」です。北京の一般家庭で作っているような、小麦粉を使った料理がいっぱい載っています。特徴として、麺・Chaina002 皮の類はすべて小麦粉から手作りします。また写真がいっぱい載っており、麺の打ち方・餃子の包み方などとっても参考に成ります。楽しみながら順番に読み進んでいくと、中国は小麦の文化の国ということが良く分かります。料理本というとレシピが書いてあるだけ、という感じですがこの本はそれ以上のもの、中国の暮らしぶりなども感じさせてくれます。なんか中国の人々が身近にになったような感じさえします。どのメニューも美味しそう、明日は早速ジャージャン麺に挑戦だ。

|

« モスキート・モス号 木地完成 | トップページ | ジャージャン麺 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149542/13678405

この記事へのトラックバック一覧です: 中国料理の本:

« モスキート・モス号 木地完成 | トップページ | ジャージャン麺 »